「勉強と娯楽をお届けする」 それが当社の仕事です。

home

‘採用ブログ’ カテゴリーのアーカイブ

‘採用ブログ’ カテゴリーのアーカイブ

こんにちは、『もったいない本舗』採用担当です。
新年、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
さて、年が明けてしまいましたが
もったいない本舗・2016年忘年会の様子をご紹介したいと思います。

忘年会が開催されたのは先月21日。
全倉庫社員が西桂倉庫に集合しての立食パーティーです。

甲府倉庫勤務の私にとって、西桂倉庫を訪れるのは
新卒歓迎会があった5月ぶり。
あれから7ヶ月…、驚くほどあっという間の日々だったなとしみじみ感じます。

5月と違って顔も名前も知っている人が多くなっていたので、
歓迎会とはまた違った気分で楽しむことが出来ました。
忘年会といえば余興の出し物!ですよね。
もったいない本舗の忘年会では、当年度新入社員が出し物をします。
今回は、新卒が倉庫ごと3チームに分かれて出し物をしました。
まず吉田倉庫のサンタガール2人(女装)による「アイドル対決」
そして甲府倉庫&法能倉庫のコスプレMC達が盛り上げた「クイズ大会」
トリは、西桂倉庫の女性達が躍った可愛い「恋ダンス」
皆を喜ばせる為に一生懸命準備してきた甲斐あって、
3チームそれぞれ、無事に大盛り上がりでした。

2016忘年会

あと数ヶ月後の4月には、『もったいない本舗』も新入社員を迎えることになります。
どんな後輩が来るのか、今から待ち遠しいです。
新しい仲間を楽しみにしつつ、2017年も頑張っていきます。

2017年新卒向け会社説明会のお知らせです。

2016/12/06(火) 東京都(中野) 13:30~15:30


弊社代表が、皆様にプレゼン致します。
内容は、事業説明・映像紹介・起業の裏話 など盛り沢山です!
皆様の疑問にお答えする質疑応答の時間も設けております。

リクナビ・マイナビより前日まで予約を受け付けておりますので、
興味を持って頂けた方、是非ともご参加下さい。


マイナビでの説明会日程はこちら
https://job.mynavi.jp/17/pc/search/corp201042/outline.html

リクナビでの説明会日程はこちら
https://job.rikunabi.com/2017/company/top/r221430067/

もったいない本舗の採用情報はこちら
http://www.furuhonkaitorituhan.com/recruit/freshman.html

こんにちは、『もったいない本舗』採用担当です。

先日、8月度の社員研修が執り行われました。

最初に行われた新卒研修では、
『頭がいい人の仕事は何が違うのか?入社1年目から差がついていた!』
(中尾ゆうすけ著・すばる舎)
を読み、「仕事ができる」とはどういうことなのかを学びました。

DSC_1783

たとえば商品のクリーニング作業では、作業のスピードアップに気を取られすぎて、
状態の悪い商品を出荷してしまうのは、当然「惜しい人」の仕事です。
逆に、1つの商品を時間をかけて磨いて、結果そのあとに控える作業の
時間が押してしまうというのも、「惜しい人」の仕事です。
「質」と「速さ」、いまどちらをどの程度重視すべきかをその都度考えて行動するのが、
「仕事ができる人」の仕事なのです。

さらに、「惜しい人」は、求められるアウトプットが出せず、
行動のピントがずれているというお話も非常に印象的でした。
この「ピントのずれ」が起きてしまう原因は、指示を正しく理解できないまま
行動を起こしてしまうということにあります。
つまり、この問題を解決するには、指示におけるあいまいな点をそのままにしないで、
指示者と意識をすりあわせていくということが重要となってきます。

「質問をする」という、決して難しくないワンクッションをはさむことで、
仕事の質や効率が劇的に変わります。
これは意識一つですぐにでも改善していけることなので、
ここでこのお話を聞くことができてよかったと思います。

このように自分達の身近な仕事に当てはめて考えてみると、
作業に対するひとつひとつの意識の重要性がよく分かります。
入社して5ヶ月目の新卒や、丁度入社1年目の新入社員にとっては、
目の覚めるようなとてもためになるお話でした。

小休憩を挟み、全体研修では、「401k」についての話を聞きました。
わが社では、9月より福利厚生として「確定拠出年金(通称401k)」が導入されます。

401kとは、従業員があらかじめ定めた金額を毎月積み立てていくという制度です。
積み立てる金額はそれぞれで決めることが出来ます。
積み立てたお金は、60歳になったときに退職金として受け取ることが出来ます。
税金の軽減効果があるというのも、この401kの特徴の一つです。

何歳の社員が毎月いくら積み立てたら、最終的な手取りはいくらになるのか?
また、控除額はどの程度になるのか?

新たに導入される制度を、資料を用いて丁寧に説明していただきました。
質疑応答を多く設けたため、社員全体で情報を共有することができました。

こんにちは、『もったいない本舗』採用担当です。

7月7日、七夕の日。7月度・社員研修が行われました。

はじめに、先月の研修と同じく”挨拶”の研修がありました。
二回目なだけあり、さすがに皆さん声が出るようになるのが早かったです。
「慣れてきて、普通に声が出るようになってきた!」との声も出ていました。

研修2016.07

グループで挨拶研修の感想を言い合っている時に、「声が大きいね」と言われました。
私はこれまで、そんなことを言われたことが無かったので驚いたのですが、
偶然にもこの会話が、次の研修に関係のあることだったのです。

次に行った研修のテーマは、
「自分が考えている”自分”」「他人から見た”自分”」は違う!
ということでした。

まずそれぞれ「自分が考えている”自分”」を書き出します。
それをグループ内で発表し、グループの人から
「そう見える」のか「全然そんなことないように見える」のか、反応を返してもらいます。

私が個人的にとても勉強になったことは、
「自分が考えている”自分”」の”短所”は、他人から見ると
案外「全然そんなことないように見える」ものだ、ということでした。

ホント~?社交辞令で「そんなことない」って言ってるんじゃないの~?
と思われる方も居るかもしれませんが、本当なんです

私は今まで、”声が小さい”・”滑舌が悪い”などなど…”短所”だな、と考えていた
自分の特徴がありました。
それらは今まで生きてきた中で、他人から言われたり
自分で勝手に思い込んでいたりしたものだったのですが、
一緒に仕事をして会話をしてきた人達から見ると、「全然そんなことない」そうなんです。

この研修を受けなかったら、私はこれからも自分の”短所”を人知れず抱え込んで、
勝手に自信を失くしながら生きていかなければならなかったでしょう…。怖いですねー。

”短所”についてだけでなく、「他人から見た”自分”」の”長所”についても
目から鱗のお話がありました。

他人から指摘された”長所”は、謙遜するのではなく、
新たな視点として受け入れることでその能力を開花させることが出来るそうです。
”長所”を指摘されて褒めてもらえたら、下手に謙遜せずに
「ありがとうございます!」と言って、自分に活かしていけたら良いですね。

そして最後に行ったのは、読書会
”経営者の視点”というものを知る為に、
エリヤフ・ゴールドラット 著『ザ・ゴール』のコミック版を皆で読みました。

研修2016.07②

組織で何かをする時、必ずその組織の「目標(ザ・ゴール)」が存在します。
その目標に近付く為には、組織がどう在ればいいか。という内容。

本に書かれている難しい用語の数々に集中が途切れそうにもなりましたが、
自分が今やっている仕事にちょっとずつ繋がっていくと一気に本に入り込めました。

『ザ・ゴール』を読んで、これから仕事をする上で意識していこうと思えた発見があります。

それは、「余裕を持って作業をすることは、悪ではない」ことと、
「全体を見渡し、行き詰っている仕事を見極めて手伝うようにしよう」ということです。

本によると、「ひとつひとつの仕事が繋がり合って成り立つ組織では、
最も行き詰っている作業が全体の作業速度や効率を決定づけている」というのです。

今までは自分の担当作業が終わると「暇になったからといって、さぼるのは駄目だ」と考えてしまい、
手当たり次第に仕事を探して一生懸命作業していました。

自分の仕事に余裕を持てた時こそ、一度周りをよく見て、
「優先される仕事の中で行き詰まっている仕事は無いか」
「全体の効率を良くする為に自分は何をしたら良いか」
を判断出来るようになれば、
『もったいない本舗』の社員として更に一段階成長出来るのではないかなと思いました。

こんにちは、『もったいない本舗』採用担当です。

先日、本年度2回目の社員研修が執り行われました。
その様子をご紹介します。

今回は、まず「あいさつ」の重要性についての研修が行われました。
普段のあいさつの声が小さいという指摘を受け、
新卒たちがそれぞれ5人ほどのグループを作り、あいさつの練習が始まります。

「おはようございます!」
「お疲れ様です!」

入り口から入ってくる「先輩役」の人に向かって、
いっせいに大きな声であいさつをします。

最初はなかなか上手なあいさつができませんでしたが、
次第にこつを掴んだのか、声の大きさもトーンも上がっていきます。

先輩役の人からは、「こんなあいさつをされたら気持ち良いね」という感想も出るほど、
非常に和気藹々とした様子で行われた「あいさつ研修」でした。

先輩社員が合流した全体研修では、「習慣」についての話を聞きました。

自分が今行っている習慣を続けていったら、5年後どうなっているのか?
もし5年後悪い結果になっていると推測できたなら、どう対策をとるべきなのか?

それぞれ自分が習慣づけていることに当てはめて考えました。

DSC_5740

「5年後」という遠いようで近い未来を考えることで、
自分の「将来」のイメージが、ぐっとリアリティを増したように感じます。

その他、各種ニュースやお客様の声などを共有して、
この日の研修は終了しました。



『もったいない本舗』では、まだまだ説明会を開催中。

山梨県内で開催予定の説明会は、すでに多くの席が埋まっています。
説明会の参加をご検討されている方は、早めのご予約がおすすめです。
他にも、東京・札幌でも会社説明会を実施しています。
そちらは、まだ席に余裕がありますのでお気軽にお越しください。

>>リクナビ・マイナビで説明会の日程を確認する

こんにちは、『もったいない本舗』採用担当です。

5月19日、西桂倉庫で2016年度 新卒歓迎会が行われました。

新入社員が入社して1カ月余りが経ち、仕事や人間関係など新たな環境にも慣れ始め…。
そんな頃の歓迎会は、社員同士の関係を深めるのに良い機会となりました。

当日は、2015年度・2016年度新卒の社員研修後、歓迎会へ移行。

室外のバーベキューと室内の立食パーティー形式で、
乾杯から賑やかにスタートしました。

新歓1

用意された豪華な食事に、新卒達は大喜びで群がります。
今年の新入社員は人数が多いので、それこそ先輩方を押し退ける勢いでした。

私も遠慮なく群がっていった新卒の一人ですが、
代表・社長をはじめ先輩方は、皆さん「あらあら、まぁまぁ」といったように
終始、温かく許してくれました(笑)

そして、それぞれにお酒が入ってくると、日々一緒に働いている人の意外な一面が見られることも。
また、他倉庫の新卒同期や先輩方とも、気軽に交流する事が出来ました。

新歓2

今回の歓迎会では、
”自分も『もったいない本舗』の一員になったんだ”ということを、改めて実感しました。

『もったいない本舗』では、“みんなと仲良く仕事をすること”がとても大切です。

先輩後輩などの立場も関係なく自由にコミュニケーションが取れる社内イベントは、
そんな『もったいない本舗』の”仲の良さ”を象徴するものだなと感じました!

こんにちは、『もったいない本舗』採用担当です。

もうすぐ6月。
新社会人のみなさんは、そろそろ仕事や職場にも慣れてきましたか?

2016年の今年、『もったいない本舗』に入社した18名のうちの2名が、
今年新たに新設された部署「広報部」に配属されました。

もちろん新入社員ということで『もったいない本舗』のメイン事業・物流こと
「オペレーションセクションチーム」での仕事と兼任している、という形になりますが、
『もったいない本舗』のサービスや情報を世の中に認知させるためのPR活動や、
社内向けの情報発信などを今後少しずつやってもらう予定です。

そんな広報部の仕事をやっていく上で、
まず重要なのは、会社のことを詳しく知ってもらうこと

ということで、研修も兼ねて新人2名が2017年度の会社説明会に潜入し、
改めて『もったいない本舗』について学んできてもらいました。

以下、新人広報部員2人の感想です。
line_green
◆広報部 M.Sさん(入社1年目)

会場の前の方で真剣にメモを取りながら説明を聞いている学生さんたちの姿を見て、
私も1年前、就活を始めたばかりで緊張して参加していたなぁということを思い出しました。

入社して2ヶ月目になるので、徐々に仕事にも慣れてきていたので、
自分では”だいぶ出来るようになった”と思っていましたが、
今回、会社説明会を聞いて、私がまだ理解していない仕事内容や
業界のトレンドについて学ぶことができ、『もったいない本舗』の仕事はまだまだ奥深いんだ、
と改めて気づくことができました。

また、企業キャラクター「もたろう」のビジュアルは、
就活生の心にも深く・わかりやすく印象付けられるため、
この存在は『もったいない本舗』の大きな強みだなと感じます。

koho001

◆広報部 Y.Tさん(入社1年目)

この日の会社説明会に来てくれた学生の参加者・9名のうち、7名が女性。

女性は男性に比べて細かい所までメモに取っている場面が多々見られ、熱心な印象を受けました。

質疑応答の時間では、やはり就活生の“知りたいこと”に寄り添っている内容のためか、
学生のみなさんは、より真剣に話を聞いているように見えました。

全体的に、会社の福利厚生や残業についてなど、
制度に関する内容に興味がある人が多かったようです。

会社説明会を客観的に見て、映像や資料の使い方が効果的だったように思います。

やはり『もったいない本舗』はデザインに力を入れている会社なので、
こういった部分を突き詰めれば、もっと学生にアピールできるポイントになると思います。

個人的には、今年から説明会で配布されるようになった
「HISTORY新聞」と「会社パンフレット」がすごく良かったです。私が就活生の時にも欲しかった…(笑)

koho000

line_green

去年まで就活生として参加していた会社説明会に、
今度は社員という立場で参加してもらったので、
1年前までとは違う視点で、会社についての理解を深めることができたようです。

ゆくゆくは、こちらの採用ブログもこの2名の新卒メンバーが運用する予定。
今後の広報部・新メンバーの活躍に、ぜひご期待ください!


『もったいない本舗』では、
新卒採用の面接時にあなたが好きなこと・得意なことを聞くことがあります。

 本をたくさん読む
 マンガ・アニメが好き
 絵を描くのが得意
 人とのコミュニケーションがうまい

など、あなたのことを私たちはできるだけたくさん知りたいと思っています。

入社後の配属先や仕事内容が決まるのは、
内定をもらった後だと考えている人が多いと思います。

しかし、実は面接時にも少なからず、
その人にどんな仕事をしてもらいたいのかを私たちはイメージしているんです。

だから、そういった自分の長所を面接時に積極的にアピールしてください。

2017年度の『もったいない本舗』の採用活動もまだまだ続いています。

まずは、会社説明会にお越しください。

>>リクナビ・マイナビで説明会の日程を確認する

みなさまのご参加、お待ちしております。

こんにちは、『もったいない本舗』採用担当です。

4月26日(火)、2016年度新卒にとっては初めての社内研修が行われました。
その様子を皆さんに少しだけご紹介します。

この日の研修では、まず今年度と前年度の新卒のみが集まりました。
そこで始まったのは、ペーシング練習
二人組を作って、様々なスピードや態度で話す相手に合わせて会話する練習です。

『もったいない本舗』では、お客様と電話でお話する機会が多くあります。
相手の顔が見えないからこそ、声色や言葉遣い、
そして話すペースなどに、よりいっそう気を配らなくてはなりません。
『もったいない本舗』の電話研修は充実していると社内でも特に好評ですが、
その一端が、この社内研修のペーシング練習からも感じられます。

約一時間の新卒研修が終わると、他の先輩社員の方々も合流し、全体の社員研修が始まります。
全体研修では、業界の最新ニュースや売上データを読み解きながら、
『もったいない本舗』の目指す“これから”を考えました。

koho 019

そして、この日の研修の中で、入社したての私がもっとも感銘を受けたのは、
「失敗を早くする」というお話でした。
失敗することを恐れずに果敢にチャレンジすること。間違ってしまったらきちんと学習していくこと。
この二つを積み重ねていくことが、成長するために大切なのだと思いました。
そしてそれを会社が許容し、どんどん挑戦する機会を与えてくれるというのは、
本当にありがたいことだと思います。

『もったいない本舗』では、こういった社内研修を、毎月行っています。
研修の丁寧さは、『もったいない本舗』が自信を持ってアピールできるポイントのひとつです。



『もったいない本舗』では、まだまだ説明会を開催中。

山梨県内で開催予定の説明会は、すでに多くの席が埋まっています。
説明会の参加をご検討されている方は、早めのご予約がおすすめです。

他にも、東京・神奈川・埼玉・千葉でも会社説明会を実施しています。
そちらは、まだ席に余裕がありますのでお気軽にお越しください。

>>リクナビ・マイナビで説明会の日程を確認する

こんにちは、『もったいない本舗』採用担当です。

先週5月10日に山梨県・甲府市にある山梨県立図書館にて、
第2回「マイナビ就職セミナー2017」が開催されました。

マイナビ就職セミナーへの出展も今回で2回目となる『もったいない本舗』ですが、
前回に引き続き、今回も入り口に1番近い場所でブースを構えることができました。

20160510_mynavi_
企業カラーのイエローとシンプルなホワイトで統一されたブースデザインや
マスコットキャラクターの「もたろう」が、多くの学生の方たちの目を惹きつけたのか、
今回もたくさんの人がブースに立ち寄ってくれました。

山梨県内にある多くの企業様も出展したイベントということもあり、
ほとんどの学生が山梨県で就職を希望する方ばかりだったので、
『もったいない本舗』の企業方針<基本的に転勤はない>という点に、魅力を持ってくれた人が多かった印象です。

今回のイベントで、就活生にとって『もったいない本舗』が
少しでも「気になる存在」として、みなさんの心に残ってくれていると嬉しいです。

前回もこの「マイナビ就職セミナー」に参加してくれた多くの学生が、会社説明会や面接に来てくれました。

このイベントをきっかけに多くの方との新しい出会いが生まれたので、
また今回も来てくれた方と説明会や面接で会えるのを楽しみにしています。

この「マイナビ就職セミナー2017」に参加できなかった、していない、という人でも、
もちろん『もったいない本舗』の採用選考に進むことはできます。

どんなきっかけでも『もったいない本舗』で働くことに興味を持ってくれた方は、
まずは、会社説明会にお越しください。

どこよりも詳しい内容を、基本的に弊社代表自らが説明させていただきます。

みなさまのお越しをお待ちしております。

>>リクナビ・マイナビで説明会の日程を確認する

こんにちは、『もったいない本舗』採用担当です。

『もったいない本舗』のリクルートサイトが、2016年5月10日にリニューアルオープンしました!

top00
URL: http://www.furuhonkaitorituhan.com/recruit/

働く人や社内の雰囲気が伝わるように
以前よりもたくさんの写真を使ったサイトデザインに生まれ変わりました。

このサイトを通じて、“『もったいない本舗』ってどんな会社なのか?”ということを
一人でも多くの方に知っていただければと思っています。

5月も中盤になり、会社説明会への参加や筆記試験、採用面接など、
就活生にとって今の時期はかなり忙しいタイミングです。

少しずつ周りの友達にも内定者が出始める頃なので
「自分は大丈夫かな…」と、焦りや不安を抱えてしまう学生の人もいるかと思いますが、
今から動き始めても、まだまだ間に合います!

『もったいない本舗』では、本社のある山梨だけでなく、東京・神奈川・埼玉などでも会社説明会を実施しているので、
現在、県外の大学に通っていて山梨へのUターンを希望している方でも、気軽に参加することができます。

説明会に参加していただいた方へエントリーシートを配布していますので、
少しでも『もったいない本舗』が気になる方は、まずは説明会にお越しください。

山梨県内で開催予定の説明会は、すでに多くの席が埋まっていますので、
説明会の参加をご検討されている方は、早めのご予約がおすすめです。

>>リクナビ・マイナビで説明会の日程を確認する

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。